ビールを巡る冒険 〜駄目オヤジが薄汚れた都会のベランダから見る風景~(Vol.01)

彼は言った。 今すぐにイオン・リカーのビールを全種制覇しないと、 君にとって“不愉快な事”が起こるかもしれない、と。 君にはビールを飲み続けてもらう義務が 発生してしまったのだよ。 (小声で)あ、自腹でね。領収書は落ちないからね。 不愉快なこと??? 僕は不思議に思った。 不愉快なことなら既に充分に起こって…