【色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年:書評】 村上春樹の小説の登場人物が僕にナンパ指南をしてくれた!!

自分自身がどこまでチキンかを巡る冒険 僕の稽古は続く 僕の“圧(あつ)”で女の子のコーヒーが吹き飛んだ! お次は山下公園だ! 人は手持ちのカードで戦うしかないんだ 追記:2015年12月ついに文庫本が発売! ◎村上春樹へのオマージュ記事はこちらから ◎登場人物アカへの興味深い論考はこちら 自分自身がどこまでチキンか…