もし地蔵ナンパ師が村上春樹の「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」の登場人物だったら

2015年10月の出会い 昔々、僕たちはの100%恋人同士だったんだ 追記:僕が注目する“文体模写”の書き手たち その他のパロディ記事はこちら 村上春樹作品の書評はこちら 2015年10月の出会い 10月のある晴れた午後、ある繁華街の路上で僕は100%の女の子とすれ違う。僕は地蔵系のナンパ師だ。ただし、路上で地蔵しながら多くの…