読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【Hip Hop界のレジェント ブッタブランド Dev Large(デブラージ)氏 追悼】 “夭折”することと“長生き”することについての論考

雑談

f:id:goldbird777:20150607164806j:plain

追悼の言葉

伝説のジャパニーズHip Hopレジェンド『ブッタブランド』のDev Large(デブ・ラージ)が亡くなった。

人間発電所 (CCCD)

僕ももういい歳なんで音楽もそれほど聴かなくなっちゃったけど、当時はBUDDA BRAND聴きながらいつも26時くらいまで仕事して、そこから焼肉いって、クラブでナンパしたり、(もう完全引退したけど)みんなで風俗いったりしてたわなー。。。

病める無限のブッダの世界 ― BEST OF THE BEST (金字塔)

 ブッダブランドのいかしたリリックとトラック、そしてスタイル。ブッタを聴いてれば夜中まで仕事できたし、「人間発電所」を聴いてれば、朝まで遊べた僕の青春時代のBGM。空を駆け抜けるような気持ちよさ。

ブッダの休日

 まあ、僕なんかがブッタブランドの音楽史における功績やなんやらを語るよりもちろんそれに相応しい方々が沢山いるので、ブッタブランドの偉大さに関しては他の論者におまかせし、僕はただただご冥福をお祈りしたい心境。どこへ行くかは自分で決める。注意事項周りにはめられないよう。

 

◎宇多丸の追悼メッセージ

miyearnzzlabo.com

 

●それでも言いたいこと

・・・なので、僕はあえて誤解を招く、不謹慎な言い回しになるのは分ってるけど、

「でも、長生きしてもらいたかったよ!!」

・・・・とだけ言いたい。

 

なぜなら(不遜な発言なのは分ってるけど・・・)「やっぱり長生きしてる奴が勝ち!」だって思ってるから。

 

風となり 川となり 軽くなり/息抜く息抜く いつになく。

 

(スポンサーリンク)

 

●ちょっと脱線トーク

ちょっと話が変わるけど僕は格闘技が大好き。昔、「紙のプロレス」ってマニアックな専門誌があってさ。そこに印象的な論考があったんだよね。

kamipro 155 (2011)―紙のプロレス (エンターブレインムック)

その号では永遠の鉄板テーマ「誰が最強か?」って対談があってね。そのなかで「力道山と木村政彦はどちらが本当は強いか?」が語られてて。まあ、歴史のミステリーっていうか、あの試合には色々な説があるんだよね。八百長説や片八百長(かたやおちょう)説とか。

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)

でも、そういう諸説は置いておいて。すごい結論になったんだよね、その対談においては。

「木村政彦の方が強かった!

理由は力道山より長生きしたから!!

以上!終了!!!」

・・・的な結論だったんだよね。

力道山の真実 (祥伝社文庫)

 

当時は「おいおい、なんだそれ!?」って当然おもったよ。それなら「木村政彦より金さん銀さん(なつかしい!)の方が最強だろー!!!」とか突っ込みどころ満載だからね。。。

きんさんぎんさんが丈夫で長生きできたワケ

 

でも、なんかあのオピニオンってずっと気になっててね。あながち暴論でもないなー、なんて最近は思ってるな。「結局、長生きをした方の勝ち!」って、ひとつの真実の気がするんだよね。

長生きしたければ、運動はやめなさい!

「夭折することのかっこよさ」に人はどうしても魅了されるけど、僕は「オメオメと長生きすること」のかっこよさを推奨したい気分だな。おずおずとウダツの上がらない調子で長生きしようぜー。

合気神髄―合気道開祖・植芝盛平語録

で、また脱線するけど「最強説」でまた思い出したネタをひとつ。「最強の格闘家=合気道の創始者 植芝盛平」説ってのがあってさ。植芝さん、すごすぎるんだよ。

鉄砲の弾を手で払いのけた!!!

・・・って伝説があるからね。

弾丸をだよ!!

 

屋内にいながら、尋ねてきている人の存在、服装がわかる。

matome.naver.jp

 もはやリアル・MATRIX!!!でもこれは実話だよ。本当なんだよ。非合理ゆえに我、信ず。理屈じゃないんだよ。ピストルの弾だって払いのけるんだよ。

 

●光かがやく安住の地へ

いやはや、話が脱線しましたが、デブ・ラージ氏にもっと生きてもらって、もう一度「ブッタブランド再結成!」ってニュースを聞きたかったよ。

ヒップホップの詩人たち

最後に哀悼の意を表して、宮台真司先生の素晴らしい発言で締めてみます!宮台先生の本のなかでも僕的には一番好きなフレーズだな、これ。

 

(質問)死んだらどこへ行きますか?

(回答)僕を待っている人たちのところへ行く。

そこに行くと今度は誰かがやってくることを待つ。

(出典:「きみがモテれば、社会は変わる。/宮台真司)

きみがモテれば、社会は変わる。 (よりみちパン!セ)

 僕を待ってる人たちのところへ行く。

そして、誰かがやってくるのを待つ。

なんて素敵な光景なんだろう。

 

さあ、「ブッタの休日」でも聴いて寝ようか。

 

空を駆けてくような気持ちよさ/身体いっぱい浴びるお日様の陽だまりのなか/今を生きる/自分のリズムをつかみ/風をふかす

 

空を駆けてくような気持ちよさ/身体いっぱい浴びるお日様/心地よく差し込む陽だまりのなか/自然のリズムつかみ/俺ら行くのさ・・・・

(終わり)

 

備考:Hip Hop関連記事はこちら

やっぱり若かりし頃に聴いてきた曲は最高だ。ウータン・クランは今でもやばい。

www.moneynanpa.jp

 

ブッダのバトンは「THA BLUE HERB」が引き継いでいる!

音楽史とかそんなんじゃなくて僕の勝手な解釈。日本のヒップホップの未来はTHA BLUE HERBに託されたんだ。


tha BOSS [THA BLUE HERB] "MATCHSTICK SPIT ...

matome.naver.jp

 

PUNPEEが最新のヒップホップだ!!

ブッタブランド。ブルーハーブ。ライムスター。日本のヒップホップのレジェンド達。でもPUNPEEには久しぶりにガツンときた。「お嫁においで 2015」は僕の今のヘビーローテーション曲だ。

www.youtube.com

matome.naver.jp

 

(スポンサーリンク)