読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【リアルなレッドクロス~女たちの赤紙~従軍看護婦ストーリー】 我が家の満州・再訪記 ~その時、祖父が口にした驚愕の言葉は・・・~

家族&子供のこと 雑談

「家政婦のミタ」の次は・・・レッドクロス~女たちの赤紙~

やっぱりデキるビジネスマンたるもの、

「東スポ」も日々チェックしてるよね。

・・・よね???

東スポ黄金伝説。

先日、東スポを読んでいると・・・

松嶋奈々子さんが中国ロケしてるみたいですね。

8月にTBSで放送される

従軍看護婦(仮称)」ってドラマのロケとのこと。

60周年記念スペシャルドラマ。

満州を舞台としたドラマのようっすね。

図説 写真で見る満州全史 (ふくろうの本/日本の歴史)

僕の出自について

満州といえば・・・

僕は「満州DNA」を受け継ぐものなのだよ。

 

僕の祖母は

まさに満州大陸にわたった「リアル従軍看護婦」。

満州の地で祖父と出会い結婚し、

母は満州の地で生をうけた。

時は満州事変。

日本はアジア大陸への覇権を築くために、

中国に偽装国家をつくりあげた。

 

その壮大なるフィクションのために

多くの日本兵が中国大陸に出兵した。

それが僕の祖父だった。

そして、そこには兵隊の福利厚生として

看護婦が必要だった。

それが僕の祖母だった。

そして、そこで祖父母が結婚し、

僕の母が満州で生まれ、

そのバトンを僕は受け継いだ。

 

「社畜」として働きながらBlogとか書いている僕は

こういう連環のチェーンにつながれているんだ。

www.moneynanpa.jp

 そして・・・

僕のバトンを我が子「Lineスタンプ画伯」が

受け継いでるわけだね。

www.moneynanpa.jp

満州の地で帰郷

今回はそんな祖父が家族を帯同させて、

40年ぶりに満州の自宅へ

再訪した時のエピソードなり。

(※祖母は体調を崩しており、日本に待機)

人びとはなぜ満州へ渡ったのか―長野県の社会運動と移民 (金沢大学人間社会研究叢書)

うちのおじいちゃん、

僕が子供の頃はお酒のみながら

いつも満州でのエピソードを語ってたんだよね。

 

やっぱり彼の人生のクライマックスだったろうしね。

で、いつも酔いながら言ってたのよ。

「いつかあの地に戻りたい!」

・・・ってね。

 

(スポンサーリンク)

 

なので

「じゃ祖父母が生活し、

母が生まれた家を見てみよう!」って企画で

家族旅行と相成ったわけです。

もう20年以上も前のことだけど。

るるぶ中国 (るるぶ情報版海外)

で、遠路はるばる

旧満州の自宅最寄駅の地に降り立った僕たち。

駅から自宅跡地は約5分ほどだって事前に聞いていた。

 

満州の地で僕たちを待っていたものとは・・・

母がいった。

「おじいちゃん、着いたよ。

案内して。どこなの???」

その時におじいちゃんは

驚愕の発言をしたんだ。。。。

世界の名言100

 

うーん・・・・・。

まったく、

わかんね(全く分らない)!!!

 

発狂する母。

「だって、おじいちゃん。

わざわざ高い旅費払ってきてるんだよ!!」

「思い出してよ!!」

増量・誰も知らない名言集イラスト入り (幻冬舎文庫)

うーん。。。

やっぱり40年も経つと

街並みが全くちがうから・・・

わかんね!!

 

まあ、近所の住人にヒアリングしながら

「おそらく、ざっくり、

このあたりだろう。。。」って場所で

記念撮影して丸くおさめたんだけどね、結局。

「迷子」のすすめ

始まらない物語に想いを馳せて

失われた時を求めて。

新たな物語がここから始まるはずだった。

 祖父の物語は始まらなかったが、

僕の脳内では、ひっそりと

こんなしょーもない物語が始まりだしている。

www.moneynanpa.jp

 

人生とはドラマチックっていうより、

こういうリアルで平板な日常の積み重ねなんだよね。

僕も35年ローンの家への帰路を忘れないよう、

せいぜい頑張ってみるよ。。。。。

www.moneynanpa.jp

 

追記:祖父と祖母が満州で遺したもの

日本軍の敗戦。

満州の地で築きあげたものを捨てての

無残な日本への帰国。

でも祖父と祖母は素敵なものを

僕に遺してくれたんだ。。。。

 

www.moneynanpa.jp

 

追記:満州をめぐる冒険/最終章

満州の思い出をめぐる

祖父と祖母のスタンスは正反対だった。

でもそこには男女の生き方の違いがあったんだ。

そして、おばあちゃん。

生きてるときにちゃんと

言えなかったけど「ありがとう!」。

www.moneynanpa.jp

 

 

追記:松嶋奈々子が従軍慰安夫に!?

なぜか日刊スポーツがやらかしちゃったみたいですね。

「従軍看護婦」が「従軍慰安婦」って

なかなか見事な誤植っぷり。

誤植はだめ!絶対!!!

松嶋菜々子が従軍慰安婦を演じる?「勘違い見出し」にTBS怒り

 

(スポンサーリンク)