読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

ビールを巡る冒険 〜駄目オヤジが薄汚れた都会のベランダから見る風景~(Vol.03)

ネットビジネス

 これまでのストーリー

 誰にも読まれることもなく、

続編を期待されていない物語がある。

それはマイクのないカラオケ店のようなもの。

それって風呂で謳えばいいじゃん???

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

 突然、僕は「ある男」の脅迫により

麦男(むぎおとこ)を探すことになった第1話。

www.moneynanpa.jp

 

第2話では「麦沢翼」なる謎の秒速男まで

乱入しだしたんだっけ。

www.moneynanpa.jp

 

 

ロータリーに特化したオークションとは

「ロータリーに特化したオークションをつくるんです。」と

麦沢翼は言った。

「これからはプラットフォーマーの時代ですよ。

プラットフォーマーが時代の覇者となり、全ての富を独占するんです」と。

羊をめぐる冒険 1 (講談社英語文庫 62)

麦男には全く理解できなかった。

プラットフォーマーとトランスフォーマーはどっちが偉いんだ。。。

プラットフォーム戦略

麦沢翼の饒舌は止まらない。

「そしてセルフプロデュースするんです。

例えば“秒速で麦を刈る男”とか」。

 

「・・・とか」って何だよ???

麦男は舌打ちしながらも声には出さなかった。

なぜなら麦沢翼が牛丼を食べていたからだ。 深夜なのに!

 

「そして、いかにロータリー・オークションが

楽で美味しいビジネスかを吹聴するんです。

あなたは、その追随者の上前をはねればいいのですよ。」

羊をめぐる冒険―A wild sheep chase (Japan’s modern writers)

時は流れ・・・・

「ロータリー・オークション!」はついにサイトオープンを迎えた。

ただし、ただの一人も出品者も落札者も現れなかった。

ただの一人も。

告白

麦沢翼は涼しい顔をしていった。

「大丈夫です。◎◎ブログで芸能人のステマ記事とかすればいいから」。

 

「・・・とか」って何だよ???

麦男は舌打ちしながらも声には出さなかった。

なぜなら麦沢翼が牛丼をまた食べていたからだ。 

牛丼店もワンオペで大変なのに迷惑な男だ。

やれやれ。。。。

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ

結局、麦男はステマ代行料金を追加で支払った。

 

振り返れば・・・・

ロータリー誤発注の損失。

そしてオークションサイトの構築費およびサーバー代。

SEO対策の名目で請求された広告費。

そして◎◎ブログのステマ代行料金。。。。。。

地獄百景 (ベスト新書)

麦地獄だ。。。。 

そう。麦男の世界に「蟻地獄」という言葉はなかったのだ。

それこそ「サンクコスト」という概念だ。

人と麦は失った損失の痛みに耐えられず、

ついつい追加コストを受容してしまう弱い生物(植物)なんだよ。 

 

その時、麦沢翼が最後の提案をした。

「実は麦天なる仮想通貨があってね・・・」

 

=====

第3話に続く

=====