読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【本物の「レッドクロス/女たちの赤紙】 僕の祖母は従軍看護婦だったんだ。

家族&子供のこと

f:id:goldbird777:20150416192405j:plain

祖父と祖母のラブストーリーの場所は満州だった

僕は満州DNAを継ぐものだ。

僕の祖父は日本兵として満州にわたった。

血気盛んな若者は大陸に渡る。

そんな時代だった。

 

僕の祖母は満州兵の従軍看護婦。

満州の地で祖父と祖母は出会い、恋に落ちた。

恋は愛に変わり、その結晶として

僕の母は満州の地で生を受けた。

 

祖父と祖母の利己的な遺伝子は

何故か満州を経由し、僕という乗り物に寄生し、

2015年の東京で生息している。僕のなかに。

 

僕のなかの利己的な遺伝子は

2007年の長女の誕生によって

また新たな乗り物を獲得したようだ。

 

こうやって生命のバトンをリレーしながら

生命は円環しているのだ。

 

(スポンサーリンク)

 

 

祖父は満州から戻り、

茨城の田舎で農業を職業とした。

片田舎の農業人生に

煌びやかな刺激なんてあるわけがない。

彼の人生のピークはきっと

満州での生命のリスクもあるなかのでの

生活だったはずだ。

 

だからこそ、満州の地に

もう一度訪れてみたいと強く願ったんだろう。

そして喜劇のような満州再訪となったわけだ。

 

www.moneynanpa.jp

 

祖父と祖母からの生命のバトン

僕に受け継がれたバトンは

既に我が子に受け継がれた。

8歳の彼女は既に好きな男の子がいるらしい。

僕はジェラシーを感じながら

彼女を幸せにできるなら、

カブトムシをあげる契約を先日したばかりだ。

 

www.moneynanpa.jp

 

僕の祖母はおっとりした女性だった。

そんな彼女のどこに

満州という未開の地へ女1人で行く

勇気があったのか感心する。

 

でもそれがなかったら・・・

祖父と祖母が出会わなかったら・・・

世界は別のものとなっていたはずだ。

 

祖父と祖母の間には4人の子供が生まれた。

祖父と祖母の間には10人の孫が授けらてた。

祖父と祖母の間には20人の曾孫(ひまご)が存在する。

満州DNAを継ぐ者のひとりは

今日ブログを書いている。

 

あれ、で、何の話だっけ???

 

追記:満州をめぐるノンフィクション三部作がついに最終章に!!

我が家の満州をめぐる冒険もついに最終章に。

なぜ祖父は饒舌に満州の思い出を語り、

なぜ祖母は満州の思い出に言及しなかったのか。

そしてカブトムシを通じた僕と祖母の物語も。。。。

www.moneynanpa.jp

 

 (スポンサーリンク)