読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【ナンパ講習・体験記】 43歳のレザボアドックス

モテるための傾向と対策 自己啓発 コミュニケーション術 女子への営業ノウハウ ナンパ

大きな写真「レザボア・ドックス」黒服の面々、モノクロ

 

"Reservoir dogs"という題名は英語を母国語としている者にとっても意味が曖昧であり[5]、特定のスラングでもない[6]。 "Reservoir"とは貯水池、貯蔵、蓄積などを表すフランス語が語源となっている単語である[7]。reservoir(酒の貯蔵庫-酒場)に群がる犬(不良)から「たまり場の男たち、盛り場の不良ども」という意味である

レザボア・ドッグス - Wikipedia

 

22日 22時/Mr.ホワイト

明日は楽しみだ。

ナンパ講習という未知の世界に、

踏み入れることに

僕は軽い興奮を覚えていた。

 

【ナンパ講習に至った経緯はこちら】

www.moneynanpa.jp

 

前回の記事でも書いたが、

僕はエンドルフィン欠乏症なんだ。

 

明日の目標は2つ。

自分自身の弱いマインドに勝つこと。

行動すること。

結果はどうでもいい。

 

大きな写真「レザボア・ドックス」ハーベイ・カイテル

 

22日 24時/Mr.ピンク

「このなかに裏切りものがいる!」。

「警察の犬がいる!」。

Mr.ピンクが言った。

裏切りもの???

そう。

僕の弱い心が僕に提案してくる。

「いい歳して無理しない方が良いよ」。

 

僕はMr.ピンクに銃弾をあびせた。

強盗計画にキャンセルという文字はない。

レザボア・ドッグス ― オリジナル・サウンドトラック

 

23日 18時/Mr.オレンジ

講習は終わった。

今は自宅だ。

ぐったりと疲れた。

 

疲弊しての疲れではない。

でも神経が高ぶっていたのだろう。

未知の体験に神経を集中したため、

なかなかの疲労感だ。

 

小さいな一歩だった。

人類にとっては何の意味もないが

でも僕にとっては小さくも大きな一歩だ。

 

(スポンサーリンク)

 

 

 

23日 13時/Mr.オレンジ

13時に都内某所でMr.オレンジと初対面。

チャラ男やホスト系とは全く異なる風貌。

 

近くのカフェに移動してまずは講習。

講習の内容の詳細はひかえよう。

映画と同じだ。

ネタバレは粋な奴のすることじゃない。

ただ非常に面白い内容であった。

レザボア・ドッグス [DVD]

レザボア・ドッグス [DVD]

 

 

23日 14時/Mr.ブロンド

実地研修の時間だ。

Mr.オレンジは言った。

「まずは10人の声がけを今日の目標にしましょう。結果は気にせずにまずは10人です。」

 

Mr.オレンジの指示のもと、

僕は女の子のもとに出向く。

意外と緊張せずに、最初の声がけ。

うん、地蔵にならずに声がけは

すんなりといけた。

 

ただ次の会話でつまづく。

僕はクラブや飲み屋でのナンパが

最近は主だったんで、

ついついテンション高めの会話を

放り込んでしまう。

 

これが昼間の路上では

かなり食いつきが悪い。

まあ、僕が挙動不審にやってるからだろうけど。

Mr.オレンジにもそれを注意される。

 

うーん。難しい。

ちょっとした雑談を重ねること。

つい「なんか笑わさないと」なんて

焦ってしまうんだよな。

 

まあいい。

まずは「10人」のノルマだ。

結果、僕は13人の女子に声がけした。

Mr.オレンジは言った。

「まずは合格です」と。

 

23日 19時/Mr.ブルー

僕は昼間の講習を振り返っていた。

Mr.オレンジも言っていた。

試行錯誤と数をこなすこと。

 

僕はまだ今日の意味が

しっかりと咀嚼できていない。

 

今日の意味を探るために

僕はまた街にでるだろう。

今度は一人で。

吹き溜まりの犬のように。

 

追記:参考図書/『究極の男磨き道』

路上ナンパをして感じたこと。

それは「泥臭さ」の必要性。

どんな美しい理論もそれ自体では意味をなさない。そこには企業における営業活動のようなベタベタなドブ板営業を厭わないスピリッツが必要ってこと。

究極の男磨き道 ナンパ

もちろん「僕は愛を証明しようとおもう」も最高に有益な参考図書なんだけど、あれは恋愛工学の理論を物語というフレームを借りて伝えるフォーマット。あんなスムーズに物事は進まない。

 

それでいうとリアルな泥臭さが最も描かれている恋愛本って「究極の男磨き道」なんじゃないかな。この本は若者の成長物語をよく描いていて興奮する。昔の若者が沢木耕太郎の「深夜特急」を読んで、異国の地で飛び出していったように、僕たちはこの本を片手にストリートに繰り出すんだ!!

究極の男磨き道 ナンパ

究極の男磨き道 ナンパ

 

 

ストリートナンパ術 こうしたら街でウマく口説けた!

ストリートナンパ術 こうしたら街でウマく口説けた!

 

 

普通の人だからできる誠実ナンパ

普通の人だからできる誠実ナンパ

 

 

40歳からのモテる技術 (PHP文庫)

 

(スポンサーリンク)