読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

有名ブロガー『クソログさん』とブログ上でパクリ疑惑に関して口論になり最後に友達になった話

詐欺&ぼったくり 恋愛工学

きみの友だち

僕のネットへ対する基本的なスタンス

今回、ある有名ブロガーさんとひょんなことから口論になった。でもまず僕のネットへ対する基本的なスタンスを述べたい。僕は(自分で言うのもなんだが)ピースで平和的な人間である。ヘイト的な事はブログでもTwitterでも書かない。2ちゃんねる的なものには縁が無い。一度も書き込んだことはない。僕はネットで他者を叩き溜飲を下げるような人間ではない。僕は何事もご機嫌に楽しくやりたいんだ。

 

僕はネット上でマウント合戦をすることに興味はない。だから今回の記事もあえて匿名表記で話をすすめる。

 

でも気になる記事があった!

最近、気になる記事を目にした。ある有名ブロガーの記事だ。それは退屈な記事だった。記事のクオリティにも問題があった。そして後日、その記事がパクリではないかとの話題も目にした。

 

僕はその某有名ブロガーの記事がパクリであることを確信していた。なぜか。僕は過去の某有名ブロガーの記事で、ある書籍ページをまるまる転載していたのを自らの目で見ていたからだ。引用元の表記もなく転載の記載もなく、さも自分の意見のように語っている記事に唖然とした。でも僕は暇じゃない。他人を叩いて溜飲を下げるルサンチマンと劣等感に満ちたネット民ではない。僕はその記事をやりすごした。

 

でも今回は真意をただしてみたくなった。そのブログは多くの人を罵倒する口の悪さを一種のウリにしていた。そんな本人こそが記事の盗用なんていう行為をしているなら、それは許されるべきではない。

 

僕は有名ブロガー本人にストレートに聞いてみた!

僕は単刀直入に聞いてみた。

 

僕:で、パクリなんですか???

 

f:id:goldbird777:20160207194514j:plain

有名ブロガーさん:失せろ

 

うーん。回答になってない。僕は真実を知りたいだけだ。

 

僕は有名ブロガー本人に引き続き聞いてみた!

f:id:goldbird777:20160207195106p:plain

◎有名ブロガーさん:

しつこいな。パクリじゃないよ。

◎ 

今回の記事だけを言ってるのではないのです。過去にも◎◎◎の書籍の◎◎◎◎氏の執筆ページをまるまる転載していましたよね。もちろん引用元の記載なしで。僕も暇じゃないんで、今さらそれを証明しようとは思いませんが。。。。ですよね???

◎有名ブロガーさん:

ほんとしつこいな。お前に何の関係があるんだ?嫉妬すんなよ。
お前が使ってるプロフィール画像はどうなんだ?

◎僕:

だから論点ずらさないでくださいよー!!!

 彼は論点をずらそうとしてきた。こういう人が得意な泥仕合に引き込む作戦だ。言い逃れの典型的な論法フレームワークだ。

 

(スポンサーリンク)

 

 有名ブロガーさんの逆切れタイムが始まった!!

ここからの論法がすごい。気が弱い人だったら逆に謝っているかもしれない。盗人猛々しい(ぬすっと たけだけしい)とはこの事だ。

f:id:goldbird777:20160207200456p:plain

◎有名ブロガーさん

仮に、パクリだったとしたらなんなの?
「パクって申し訳ございませんでした」って謝ってブログ削除すれば満足なの?

◎有名ブロガーさん

つうかお前自分が質問するばっかりで、俺の質問にも答えろよ。
お前のプロフィール画像もパクリだろ? 

◎僕:

そうですね。まずはブログで謝罪して経緯説明してくださいよ。だって他の人の事をたくさん罵倒しておいて「自分はパクリBlogだけど俺はいいんだよ!」ってことですかね。(※あと「お前」って呼ばないでくださいね![かわいく!])

 ◎有名ブロガーさん

しかも「かえるくん、東京を救う」のパクリだし。

◎有名ブロガーさん

じゃああなたも謝罪してくださいね。パクリなんで。著作者が黙ってるから使ってるんだろ?そのプロフィール画像も。

 

 やっぱり駄々っ子は叱ってあげないと駄目なんだ!!

うわー。いつの間にか僕が謝罪する事を要求されているし。。。こういう甘ったれの駄々っ子にはしっかり怒ってあげないと駄目なんだな。

f:id:goldbird777:20160207201734p:plain

◎有名ブロガーさん:

謝罪してくださいよ。書籍の画像パクった経緯説明と共に。

 ◎僕:

◎◎◎◎さん。ちゃんと勉強してください。書籍の表紙は著作権上アウトとはなっていません。ハンドルネームはパロディという表現形態です。それに引き換えあなたの行為は盗用です。かつ論点をずらしながら、言い逃れをするという悪質な対応に反省が見受けられません。

 ◎有名ブロガーさん:

検索お疲れさまです。 

僕:

ありがとうございます。僕たちは友達ですね。今後は気をつけてくださいね。

 

僕たちは友達だ!!

彼は非を認めてくれたのだろうか。少なくとも彼は自身のブログで謝罪文をこの後に掲載した。僕は彼が更正するのも見守ろう。僕たちは友達だから。今後飲みにいこう。でも会計は割り勘だぞー!!!

 

でもネット口論は不毛だ!もう絶対しない!!

冒頭にも書いたように、僕は2ちゃんねるにも書き込みをした経験は無いし、Twitterで不毛な口論をしたこともない。Twitterで絡まれたら積極的に逃げているし、頭を下げている。今回はこんなやり取りをしてしまったが、やはり精神が磨耗する。気持ちの良いものではない。もう絶対にこういうことはしない。アホな事だけ考える。女の子とどうやってデートするかしか考えない。あと美味しいものとお酒のこと。僕たちの人生は口論をするには短すぎる。

 

【おわり】

 

追記:表紙の著作権について

僕は表紙の著作権について言及しました。ただ僕は「表紙は著作権上で合法」とは言っていません。「著作権上アウトではない」と言ったのです。

ぶっちゃけグレーゾーンです。判例とかの話じゃないんです。出版社としても表紙の著作権をガチガチに縛ると出版社自身が困るんです。だって明日からアマゾンで本を売れませんからね。実利の話です。判例とか法解釈とかの建て前の話じゃないんです。

本エントリーは「表紙の著作権に関しての是非」ではないのです。ただし、他人の著作物をコピペしてパクるのは100%アウトなんです。論点がずれそうなので追記しました。

 

(スポンサーリンク)