読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

マリッジ・ブルーとは? ~結婚と幸福に関する女性の不思議な心理学~

結婚の悩みと苦悩

f:id:goldbird777:20161117152257j:plain

マリッジ・ブルーとは何か?

マリッジ・ブルー。それは主に女性に起こる恋の病気だ。結婚前の幸福の絶頂期に、なぜか女性は憂鬱な気持ちになってしまうらしいのだ。

結婚前・結婚後の女性は、環境が大きく変化する不安、親離れをする喪失感などでマリッジブルーになりがち。結婚を目前にして婚約破棄をしようかという迷いが出てくることも珍しくありません。

結婚前後に注意!女性が陥りやすいマリッジブルーの原因と解消法 | ときめキカク365

 

そして女性特有の“ソレ”を僕もリアルに垣間見たことがある。今回は僕が過去に出会った“マリッジ・ブルー女”を紹介することで、女性特有の不思議な心理について考えてみよう。

 

当時の僕は「乙女心(おとめごころ)」を知らなかった!

もうかなり昔の話だ。僕は当時まだ若かった。女性の乙女心の不思議さ、不可解さなんて理解できない、ただの若造だった。

 

僕にマリッジ・ブルーという概念を教えてくれたのは、ユカ(仮名)だった。僕たちはどちらも独身だった。ユカと僕はただの友達だった。

f:id:goldbird777:20161118141813j:plain

当時は「恋愛工学」なんて存在しなかった。僕はただの“非モテ”の男として、ユカと友達以上、恋人未満の中途半端な関係を続けていた。

 

「話したいことがある!」とユカに言われて

ユカから連絡があった。二人で会いたいという。僕はときめいた。色々と期待していた。そして二人で食事をした。そこでユカは驚くべき告白をした。

f:id:goldbird777:20161117152257j:plain

「私、結婚するの・・・・」。

 

え、何それ。そんな事を言うために僕をわざわざ呼び出したのだろうか。不可解すぎる。釈然としないまま、僕たちはとりとめも無い会話をし、そして駅の改札口で別れた。ユカは駅ホームの人込みに消えていった。

でも、ここから事件は始まったのだ。。。。。

 

(スポンサーリンク)

 

 僕の携帯電話が鳴った!!!

僕の携帯が鳴った。ユカだった。気分が悪く、駅ホームでうずくまっているという。僕はユカの元に向かった。体調が戻るまで、近所のカフェで休憩することにした。

f:id:goldbird777:20161118142828j:plain

ユカと色々な話をしたが、その内容は支離滅裂だった。でも僕は理解しつつあった。

 

あれ、この子。。。俺に抱かれたがってるんじゃね?

これって、いわゆる“マリッジ・ブルー”ってやつだろ!!

 

僕たちはホテルに入った。でも僕はまだ知らなかった。。。。女性の揺れる乙女心(おとめごころ)とマリッジ・ブルーの恐ろしさについて。

この後、予想もしない更なる事件が起こったんだ!!!

 

ユカは僕のジュニアを手に取り・・・・

ホテルの部屋に入る。そういう事が始まり、そんなことや、あんなことをしだす。。。。

ユカは僕のジュニアに手を伸ばした。。。。そして・・・・

僕のジュニアを力いっぱい握りしめた!!!(ギュッと!!!)

f:id:goldbird777:20161118143546j:plain

僕のジュニアの声:「うわ、痛てー!!!!」。。。

 

ユカは急に心変わりしたのだろうか。僕はさすがにキレた。女心と秋の空。揺れる乙女心。でも当時の僕は女心の一貫性のない行動を理解できるほど寛容じゃなかった。

 

僕は馬鹿らしくなって、そのままベッドで眠ってしまった。僕が朝、目を覚ますと彼女は既にいなかった。テーブルには手紙が置いてあった。そこには謝罪の言葉、そして結婚して幸せになる、ってことが書いてあった。

f:id:goldbird777:20161118144609j:plain

僕たちこれからも、二度と会うことはないだろう。僕はひどい思いをしたが、彼女のことを恨んではいない。そして彼女が幸せな結婚生活を送っていることを祈っている。この東京のどこかで。

 

【おわり】

 

備考:マリッジブルーは恋愛工学でいう「Good Gene & Good Dad」理論だ!!

恋愛工学生の代表選手の一人であるケーゴさんから興味深いツイートをいただいた。

 

なるほど!!確かに!!!これは恋愛工学の理論でいう「Good Gene & Good Dad」理論だ。女性は安全な生活を保障してくれる「優しいオス(※社会的にイケてるオス)」を本能的に求める。そして共同生活で自身の安全性をより強固なものとする最適化戦略をとる。

 

でも、その反面で女性は「優秀な遺伝子を獲得したい」という生物としての本能を持つ。「優しいオス」ではなく「強いオス(※イケメンなオス)」を求めてしまう。

 

マリッジブルーとはまさに女性自身の矛盾した2つの欲求がもたらすものだろう。僕たちは遺伝子の乗り物でしかないのだから。。。。

 

ヒデヨシさんも遭遇したマリッジブルー&Good Gene問題!

 こちらも恋愛工学生のスター選手、ヒデヨシさん。彼もマリッジブルーを恋愛工学の視点で分析している。女性の欲張りな遺伝子と本能。。。。。

本命の彼氏ってすごくいいやつじゃない?

 

うん、私だけを愛するすっごいいい人。

 

浮気相手ってイケメンじゃない?

 

なんでわかったの!?みんなイケメン!イケメンとしかしたくないもん。

 

彼女は理論通り、Good Dad(本命彼氏)とGood Genes(浮気相手)のいいとこ取りをしている女だった。

【5】Good Gens と Good Dadを吸収する女 - 俺の遺言を聴いてほしい

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

備考:マリッジブルー診断で憂鬱度をチェック!!!

 女性にはマリッジブルーというものが訪れる生き物なのだろう。様々な選択肢から一つの回答を選ぶこと。自分の意思決定によって、人生が大きく左右してしまう。自分は間違っていないかと自問自答してしまうのだろう。

そんな時はマリッジブルー診断をしてみよう!!

www.medetai.com

 

備考:結婚前に読んでおきたい参考書

 結婚前の女性とはかくも不思議な生き物だ。僕たち男性はもっと女性心理の勉強が必要かもしれない。

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

 
ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

 
結婚までに、やっておくべきお金のこと

結婚までに、やっておくべきお金のこと

 

 

(スポンサーリンク)