かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【株式投資の勉強本】『ヤンキーの虎/藤野英人』 ~ジモトの若者が地方の荒廃を救う救世主だ~

ヤンキーの虎―新・ジモト経済の支配者たち

地方が死にそうだ!!!

f:id:goldbird777:20170129204826j:plain

地方の空洞化、荒廃が進んでいる。人口減少、消費減。それに伴う雇用不安。そこから負のスパイラル的に治安の悪化や税収の減少も生まれる。

 

①地方の百貨店が大量閉店!?

週刊 ダイヤモンド 2014年 6/7号 [雑誌]特集1百貨店包囲網/異業種乱入で盟主危うし! /財布と土地を奪い取るショッピングセンターの破壊力/三井不動産が展開する「ららぽーと」の凄み/三菱地所、JR、日本郵政、マルイ…異業種たちの猛攻勢/百貨店の起死回生「阪急阪神」「大丸松坂屋」「三越伊勢丹」「高島屋」「そごう・西武」/百貨店164店・ショッピングセンター50店 店舗別ランキング

昨年、三越伊勢丹が地方の店舗を閉鎖すると発表した。これを機に競合百貨店も採算の合わない地方店舗をどんどん閉鎖する可能性が高い。インバウンド消費の恩恵を受けているのは首都圏の百貨店だけだ。魅力のない地方の百貨店は確実に潰れていく。

 

地方がゴーストタウン化する????

style.nikkei.com

 

コンビニも大量閉店?

セブン-イレブン 鈴木敏文帝国崩壊の深層

コンビニも危ない。既にオーバーストア気味。そしてフランチャイズ・オーナーの後継者問題。コンビニの業態としてのブラック性が顕著な今、コンビニを引き継ぐたい若者はいないはずだ。コンビニもどんどん潰れていく。

 

地方がゴーストタウン化する????

www.narinari.com

 

廃校は毎年400校ペースに?

失われた場所クロニクル 美しい廃墟 カレンダー 2017 (翔泳社カレンダー)

少子化により学校の廃校も恐ろしいスピードで進んでいる。そして学校という建物は他の業態へのリノベーションが難しい特徴を持つ。廃校はずっと野ざらしにされる。。。

 

地方がゴーストタウン化する????

第10回NIRA政策フォーラム:「地域再生−廃校問題に光を当てる」

 

パチンコ店が大量に閉店?

パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫)

パチンコ業界は「不正釘問題」で揺れている。国の認可を得ていない不正なパチンコ台が実際に店舗に大量に存在していることが発覚した。この不正台を正規の台に入れ替えるコストはパチンコ店が負担する流れになっている。

 

後継者問題、パチンコ店の経営悪化もあり、このタイミングで店舗を閉めるパチンコ店が大量に出そうだ。パチンコ店は地域の雇用を支えるとともに、地域住民に一定のエンターテインメントを提供してきた。

 

地方がゴーストタウン化する????

metabopro.com

 

(スポンサーリンク)

 

 

地方には絶望しかないのか?

f:id:goldbird777:20170129212356j:plain

地方には絶望しかないのか?

いや違う。そこには・・・

ヤンキーの虎がいる!!!

 

果たして「ヤンキーの虎」とはいかなる人種なのか?

 

「マイルドヤンキー」と「ヤンキーの虎」の違い

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

近年、消費の主役として注目されている「マイルドヤンキー」。マイルドヤンキーの特徴は、地元志向で上昇志向は皆無、社会に大きな不満はなく、週末は10代で結婚した奥さんと子供とイオンに買い物に行く。

f:id:goldbird777:20170129230737j:plain

(出典:マイルドヤンキー賞賛とその先にあるもの、、、 | 芝山元

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

 

 

いわば「牙の抜かれた虎」であり草食系な生態を持つ。それに対して「ヤンキーの虎」は上昇志向が強く、打たれ強く、リスク志向なのだ。そして僕は本書で紹介されている「ヤンキーの虎」に魅せられてしまったのだ!!!

 

ヤンキーの虎の特徴①:リスク志向であること!

f:id:goldbird777:20170129231301j:plain

縮小する地方経済。ヤンキーの虎はだからこそチャンスだと認識している。積極的にリスクを取りに行く。いわゆる「残存者利益」を狙っているともいえる。逆張りのポジションを張るのだ。そしてそれはヤンキーゆえの若気の至りではない。すごく合理的なのだ。

 

縮小する地方の中でリスクを取るなんて、馬鹿げていると思われるでしょう。しかし、彼らは、逆に考えています。地方だからこそ、リスクを取れば勝てる。 

地方ではリスクを取ってビジネスを成長させようとする人が、都会と比べて少ない。全般的に事業意欲が乏しいのです。

その中で、事業意欲が強く、ある程度の情報を持っている人たちが積極的にビジネスを展開していけば、比較的容易にビジネスに勝てる状態になっているのです。

 

ヤンキーの虎の特徴②:チャレンジ精神があること!

f:id:goldbird777:20170129232142j:plain

これも「マイルドヤンキー」と対局の一面。マイルドヤンキーはコンサバティブだし、現状維持を望む一般的なサラリーマンと近しい。

 

でも「ヤンキーの虎」は起業家なのだ。ただし都心の起業家とは異なる。ビジネスモデルは何ら革新的ではないし、ビジネススタイルも泥臭い。でも僕はそこに惹かれる。「ビジネス」というより「商売」であり、「商い(あきない」的なのだ。

 

リスクを取って事業に失敗した人もたくさんいますが、すぐに這い上がってくる強いメンタリティを持っているのです。

ヤンキーの虎たちは、破産しても簡単に前の商売を潰して、新しい商売を始めようと考えるのです。

商売をやっていた親や親戚がリスクを取って失敗しても、またチャレンジして成功している様子を小さい頃から見ていますから、リスクを恐れないのです。

 

日本を救うのは中小企業だ!

f:id:goldbird777:20170205141941j:plain

僕は個人事業主だ。そして日本の大半の企業は「中小企業」なのだ。日経新聞には決して掲載されない企業群が日本経済の主役なのだ。ヤンキーの虎の戦場がこのフィールドだ。

全企業数に占める割合の「99.7%」「約432.6万社」、皆様はこれが何の数字か分かりますか?

答えは、日本の中小企業(会社数+個人事業者数)の割合(数)です。この数字からもお分かりになると思いますが、日本の経済・産業・雇用を支えているのは、大企業ではなく、間違いなく中小企業です。日本経済の「根幹」です。

【第1回】中小企業がECサイトを活用できていない3つの理由|ECのミカタ

 

ヤンキーの虎たちは「地方でビジネスをすることは美味しい!」と考えている。なぜか???大手企業が存在せず、中小企業ばかりだからだ。そして地方の中小企業は積極的な設備投資などせず、保守的な経営をしている。それはITやWEBへの投資状況をみても顕著だ。

 

f:id:goldbird777:20170205142430j:plain

www.ecnomikata.com

 

羊の群れのような地方の中小企業たちの中で「虎」が猛威をふるうのは当然かもしれない。ヤンキーの虎はリスクを取って投資をする。

 

だって中小企業の約50%は自社のWEBサイトすら保有していないのだから。。。このインターネット社会のなかで、どれだけアホなんだという。。。。

 

ウェブサイトの保有率が上がると従業員一人あたり売上平均は上がる

2015年にウェブサイトを持たないB2C事業者はかなり減ったかと思いますが、それでもまだ半数以上の企業がサイトを持っていないとの結果が出ています。

j-sem.net

 

その他の本書の見どころ

f:id:goldbird777:20170129233104j:plain

 

  • 血縁経済:ファミリー企業でお金を回す
  • 地域密着型ビジネスモデル
  • 介護事業がヤンキーの虎たちの最初のビジネス
  • 大企業の社長が日本経済を駄目にした
  • 地方経済とフランチャイズビジネス
  • ヤンキーの虎式コングロマリット経営
  • 麻生太郎こそ最強のヤンキーの虎
  • ヤンキーの虎式タイムマシン経営
  • ヤンキーの虎式M&A
  • ユニクロも元祖・ヤンキーの虎
  • マッキンゼーではなく船井総研

 

本書の評判とクチコミ

 

最後に

本書は元気をくれる本だ。良い大学を出ていない若者が地方で成り上がる。最高じゃないか。本書は僕が最近読んだ本のなかでも抜群に面白い!!!そして勇気をもらえる。リスクをとる勇気と行動力。本書から学ぶべきところはこれだろう。

 

【おわり】

ヤンキーの虎―新・ジモト経済の支配者たち

ヤンキーの虎―新・ジモト経済の支配者たち

 

 

備考:藤野英人さんの本なら『投資家が「お金」よりも大切にしていること』がオススメ!

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家の藤野さんの本はどれもお金と経済と投資についての勉強になる。そして藤野さんの本を読んだことがないなら、本書『投資家が「お金」よりも大切にしていること』がオススメです。

日本人はお金が大好き!人を信用していない!

・・・・という慧眼に富んだメッセージが刺激的です。

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

 

 

備考:ファンドマネージャー・藤野英人さんの名言たち

f:id:goldbird777:20170129231301j:plain

本当に儲けたい人は長期的な展望で投資するべきです。伸びる会社の株は値上がりするので、よい会社を見つける方が、株価を予想するよりも簡単なのです。

多くの人がものごとを長く続けられないのは、怠け者なのに、一方で完璧主義者だからですよ。1回休んだらもうダメなんて思う人が多いけれど、3回休んでも4回目にまた始めればいいって僕は思う。

社員をビジネスマンとしてではなく商売人として育てることが大切です。仕入れて売る、この商売の基本をいかにして社会に浸透させ、突き詰めるかが日本に必要だと感じます。 

株式投資とは端的に言えば、企業に対して新しい価値創造のための資金を提供することである。資金提供を通じて、投資家は価値創造に貢献している。

業績がいい会社はすでに注目されていて割高だという意見もあるでしょう。しかし、業績がいいのに過小評価されている会社はたくさんあります。ビジネスモデルが古い会社は、プレミアムがつかないので過小評価されがちです。たとえばカラオケ店や産廃会社などで堅実なところがあれば狙い目です。

 

◎藤野英人さんのオススメ書籍たち

ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)

ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)

 
日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。

日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。

 
5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則

5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則

 
藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

 
スリッパの法則 プロの投資家が明かす「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方 (PHP文庫)

スリッパの法則 プロの投資家が明かす「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方 (PHP文庫)

 

 

備考:株式投資の勉強にもなる「僕のブックガイド84冊レビュー」はこちら

f:id:goldbird777:20170812111721j:plain

株式投資で勝つためには???

それはビジネスに関する勉強が必須です。

「効率的市場仮説」の理論が体現するように、市場に歪みは無いのです。

素人(しろうと)が簡単に儲けられるわけがないのです。

 

ならば「資本主義のルール」を勉強するしかありません。

 

これは、僕が今まで読んできて自信をもってオススメできるビジネス書のまとめガイドです。

ビジネス書は有象無象です。そして読書にはお金と時間がかかります。時間こそが最大のリソース。

なので、『僕が今まで膨大に読んできたビジネス書の凝縮したエッセンス』をコンパクトにまとめてみました。

 

◎本書のクチコミと評判

 

【ご購入はこちら】

『ベストビジネス書84冊(10万円相当額・読書時間1.5年)のエキスを抽出したドーピング剤であなたのビジネススキルを15%アップする方法』

note.mu

 

 

(スポンサーリンク)