かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

【書評】『損する結婚 儲かる離婚/藤沢数希』 ~婚活女性へのバイブルの書の誕生~

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

藤沢数希氏とは何者か?

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

 

まずは著者の説明だ。恋愛工学を嗜む僕の同志たちには申し訳ない。でも、ここ(僕のブログ)は「はてなブログ」なのだ。ナンパ系クラスタの集う、僕の愛するツイッターランドではないのだ。

 

なので、まずは著者の簡単な説明からスタートしよう。

f:id:goldbird777:20170221154137j:plain

語弊のある言い方なのは承知だが、一般の方には「恋愛工学の創始者」という説明が最もスムーズな気がする。

 

◎著者プロフィール

日本の著述家、ブロガー。

新潮社で公開されている著者プロフィールによれば、欧米研究機関にて計算科学、理論物理学の分野で博士号取得後、外資系投資銀行に勤務しながら著述活動を続けている。

藤沢数希 - Wikipedia

 

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

恋愛工学とは?   

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

恋愛工学とは何か? またまた、恋愛工学を嗜む僕の同志たちには申し訳ない。でも、ここ(僕のブログ)は「はてなブログ」なのだ。ナンパ系クラスタの集う、僕の愛するツイッターランドではないのだ。

 

なので、今度は「恋愛工学」の説明だ。(※ブログって面倒だなー。。。。。)

 

今まで恋愛とは文学的で“ふわふわ”としているものだと考えられてきた。ロマンティック・ラブ。でもロマンティック・ラブは近代の西洋キリスト教文化が発明した最新のポップ・カルチャーでしかないのだ。パフュームみたいなものだ。

Perfume 〜Complete Best〜 (DVD付)

 

文系でロマンティックで情緒的な恋愛アプローチを否定し、理系でロジカル、かつ科学的で再現可能な言語で恋愛を語ったものが「恋愛工学」なのだ。

note.mu

 

本書『損する結婚 儲かる離婚』の真のターゲットとは?

f:id:goldbird777:20170221154708j:plain

恋愛工学は非モテ男性のバイブルだった。男性のための思想だった。

しかし本書『損する結婚 儲かる離婚』のターゲットは・・・

なんと女性だ!!!!

 

もちろん男性が読んでも面白い。だが大部分の男性にとって本書の面白さは実用的な側面じゃなくてエンターテインメント的な側面のはずだ。結婚の「金融商品としての恐ろしさ」をエンタメ的な視点で楽しむ書だ。

 

だって・・・・

本書の処方箋が役に立つ男性の年収って・・・

ざっくり年収2,000万円以上!!!!!

 

(スポンサーリンク)

 

 

一般年収の男性は本書の対象外であることは本書内でもしっかり言及されている。

f:id:goldbird777:20170221175451j:plain

 

実際には日本の離婚の9割が、裁判所を経ない協議離婚である。どれだけ浮気して、どれだけ暴力を振るい、酒とギャンブルに散財してしまった夫でも、男にまともな所得も財産もなければ、奥さんにも弁護士にも何もできない。

ない金はとれないのである。

 

仮に年収2,000万円とは全体のなかでどのくらいの比率か?

f:id:goldbird777:20170221171956p:plain

www.firstep.jp

 

ざっと上位0.5%。

200人に一人だ。。。。

本書を切実に読まなければならない男性はそのくらい稀(まれ)だ。でもエンタメ書籍としては、全ての成人男性にオススメだ。

 

全ての女性の実用書が本書だ!!

f:id:goldbird777:20170221172145j:plain

そして女性ならどうだろう。成人女性の100%が本書を実用書として読めるだろう。だってどんなに低収入で低学歴でも富裕層の金持ち男性と結婚する確率はゼロじゃないから。。。。

 

美女じゃなくても可能性はある。美貌は劣化する。富裕層は一般的に知能指数が高い。時間選好率が高い。今の美貌より長期的な人間性を重視するのだ。

 

そう。本書は女性のための実用書なのだ。

 

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

ケーススタディで学習しよう!

f:id:goldbird777:20170221172607j:plain

本書で紹介されている芸能人の離婚騒動の事例は一般の人にも馴染みがあり、分かりやすい。

 

◎ケース①:ダルビッシュ有と紗栄子さん

ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

離婚騒動が勃発。紗栄子さんは月々の生活費に1,000万円を要求しているとメディアで報道された。これにマスコミや視聴者が「ボッタクリ!」「強欲!」と難癖をつけた。

 

matome.naver.jp

 

でも著者は言う。この金額は極めて妥当で経済合理性のあるものだと。なぜだろう?これは「財産分与の考え方」にヒントがある。

答えは本書にて!

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

◎ケース②:神田うの夫妻

ミセスUNO

タレントの神田うのさん。実業家(パチンコチェーン経営)の夫の西村氏。世間の人は、もし二人が離婚したら、神田うの氏は実業家の夫から巨額の慰謝料をゲットすると思っている。

www.excite.co.jp

 

でも著者は言う。慰謝料を支払うのは神田うのさんの方だと。なぜだろう?これは「ストック資産とフロー収入」にヒントがある。

答えは本書にて!

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

◎ケース③:マーク・ザッカーバーグとプリシラ・チャン

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

Facebookの創立者であるマーク・ザッカーバーグ氏。2012年5月18日に株式公開。直後の19日に結婚を発表した。

matome.naver.jp

 

著者は言う。これは絶妙のタイミングであると。これが株式公開の前日の結婚入籍であったら、大変なことが起こっていたと。

なぜだろう?これは「事実婚と内縁の妻/共有財産の形成スタート時期」にヒントがある。

答えは本書にて!

損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)

 

 

本書「損する結婚 儲かる離婚/藤沢数希」で学べること

f:id:goldbird777:20170216154105j:plain

  • オールドリッチ(資産家)のボンボンとは結婚するな!
  • 良家のお嬢様との結婚は地雷だ!
  • 一般的な「慰謝料」と法律的な概念の「慰謝料」の違い
  • 財産はどういう考え方で分与される?
  • 「内助の功」という恐怖!
  • 高所得の女性にとって結婚は何のメリットも無い!
  • 少子化の原因は結婚という金融商品の欠陥が原因だ!
  • 実は日本は既に一夫多妻制では?
  • 人の本質は「一夫多妻」か?
  • 人間は動物界で最強の「子殺し」をする種だ!
  • 結婚制度は下位の駄目男を救済するための制度だ!
  • 婚外子というオプションプラン!

 

本書のクチコミと評判

 

最後に:再び藤沢数希氏とは何者か?

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

藤沢氏は愛を否定するために本書を書いたのだろうか。いや、逆だろう。男女の愛の間に歪んだ結婚制度が介入することで、愛が歪むことが許せないのだ。本書を通じて、結婚に関する様々な法律を僕たち読者は学ぶ。でも最後に僕たちはそれを捨てなければならない。

 

それは小説「僕は愛を証明しようと思う」のラストシーンで、渡辺君が恋愛工学のテクノロジーを捨てたように。

 

愛の前では国家権力も結婚制度も法律も一般通念も退屈な道徳も・・・・全て無力だ。

本書「損する結婚 儲かる離婚」は愛を証明するための書籍だったのだ。

 

【おわり】

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

備考:藤沢数希氏の本書に関するツイートまとめ

 

備考:離婚はビッグビジネスだ!!!

f:id:goldbird777:20170307001042j:plain

本書が明らかにしてしまったこと。それは離婚すると莫大な資産を手にする人々が多数いることだ。「離婚」というプラチナチケットを手に入れるために必要なもの、それは相手の不実(※浮気など)だ。

 

◎浮気の相談なら「弁護士&法律家のいる探偵事務所」へ

業界で初となる弁護士が経営している探偵事務所。

詳しくは下記よりオフィシャルページをご覧ください。

 

所属50名以上の弁護士事務所が運営する探偵会社

 

備考:藤沢数希の著書シリーズはこちら

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

 
「反原発」の不都合な真実(新潮新書)

「反原発」の不都合な真実(新潮新書)

 
ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス)

ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス)

 
外資系金融の終わり

外資系金融の終わり

 
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

 

 

(スポンサーリンク)