かえるくん総合研究所

意識高いやつ。いるよね。好青年。いるよね。でも、全員がそんなじゃ気持ち悪くない?と思いながら、秒速で駄目な日々をおくってみる!!

経営者の道を諦め、会社員として再就職をすることを決断した夜

f:id:goldbird777:20180319194238j:plain

これは「敗北宣言」であり「復活宣言」だ!

f:id:goldbird777:20171104120846j:plain

僕はダサい男だ。

ダサい男がダサい記事を書く。

そう。とても首尾一貫している。

 

僕は今日、会社経営を諦め再就職する決断をした。

僕の挫折の歴史に、また余計な1ページが加わったという図式だ。

 

ここに至った経緯を自身のライフログとして、簡単にまとめておきたくなった。

だから、ダサい男がダサい記事を書いているのだ、今ここで。

 

先の見えない未来に僕は悩んでいた

f:id:goldbird777:20180206152616j:plain

新規事業が計画どおりに立ち上がらない。

僕は眠れない日々を過ごしていた。ずっとだ。

 

睡眠薬とアルコールで眠る日々。

(※さすがに最近はアルコール無しで寝ています。)

 

大好きなヒップホップ曲を聴きながら、自分自身を奮い立たせていた。

www.youtube.com

 

こんな孤独が10年も20年も続くのか?

子供との面会が最高の気分転換になると思った。

でも、子供と久しぶりに会って僕の苦しみは、より激しいものとなってしまった。

予想外の感情。。。。。。

 

僕は虚勢をはってきた。でも後悔はしていない!

f:id:goldbird777:20171127165113j:plain

もちろん僕は、会社を絶対に成功させるつもりだった。

負けるつもりでピッチに立つ奴なんていないから。

 

だから虚勢もはってきたし、強がってみたりもした。

負けるつもりでツイートする奴なんていないから。

 

とても苦しい日々だった。

でも・・・・。

もちろん最高にキラキラした時間でもあった。

僕は経営者の道を志し、そして挫折したことを絶対に後悔しないだろう。

 

(スポンサーリンク)

 

 大切なのは、成功することじゃなくて幸せになること。だから、好きなようにするさ!

 

好きなようにしてください

ビジネスは勝ち負けだ。

結果が全てだ。

 

でもビジネスは勝ち負けだけじゃない。

結果だけが全てでもない。

 

僕の敬愛する経営学者である楠木健先生の「好きなようにしてください」から、僕の好きなフレーズを引用しよう。

(※手元に本がないので、記憶のなかの意訳)

 

そもそも「勝ち組」「負け組」という言葉自体に品性がない。

何が勝ちで何が負けかなんて、死ぬ時にならないと分からないものだ。

いや、むしろ死ぬ瞬間にだって、真の勝ち負けなんて分からない。

それが人生というものだ。

 

好きなようにしてください

好きなようにしてください

 

 

僕はこの本を読んだ時、びっくりした。

死ぬ瞬間でも分からないのか!!!(驚)

 

でも、そんなものなんだろう。

僕たちは勝つためではなく、幸せになるために生まれてきたのだから。

 

(スポンサーリンク)

 

 社畜なんかじゃない!新たなサラリーマンのスタイルを模索していこう!

f:id:goldbird777:20171012133922j:plain

僕はある会社へ再就職することが決まった。

でも、もちろん単なるサラリーマンで終わるつもりは全くない。

 

僕は僕らしい『新たなサラリーマンのスタイル』を目指していこうと思う。

だって、人生は勝ち負けじゃないけど・・・・

自分にだけは絶対に勝ち続けなければならないから。

 

【おわり】

 

備考:これは僕の子供にとっても良いことなのかもしれない

僕は会社の売上が思わしくない状態が続き、ある恐怖感を持った。

それは我が子への「養育費」の支払いの滞納だ。

「もし将来的にそんな事があったら・・・」と考えるだけで、気が変になりそうだった。

 

でも僕がサラリーマンに戻り、安定的な収入を得ることで、我が子への養育費の支払い滞納リスクは無くなったわけだ。

 

実は一番ホッとした事はこれかもしれない。

僕は元・奥さんにメールをした。

f:id:goldbird777:20180320201445j:plain

 

◎過去記事:我が子とのお別れ

www.moneynanpa.jp

 

備考:僕は沢山の応援メッセージをもらった!!感謝です

f:id:goldbird777:20180320152740j:plain

僕は本記事をTwitterでツイートした。

そして予想以上に多くの人たちから応援のエールやメッセージをもらった。

 

このブログは僕のライフログだ。

人生の記録だ。

だから、以下にそのメッセージを残しておこうと思う。

 

(スポンサーリンク)